ページの先頭

作業事例

営業エリア

営業エリア
  • 漫画でわかる特殊清掃の注文方法!
  • スタッフ紹介

特殊清掃のRB > 吐血現場 > マンガでわかる!川口市の吐血現場清掃作業


マンガでわかる!川口市の吐血現場清掃作業

今回は埼玉県は川口市で行った実作業の事例を使って吐血現場清掃の疑問を解決いたします。実際の現場の御写真、実際の見積書、さらにはマンガを使った除菌、消臭の注文方法までご紹介致します。

 

 

現場は埼玉県川口市内です。

 

ご依頼内容は、持病による大量吐血のショックでお亡くなりになられた部屋の吐血現場清掃(特殊清掃)になります。

 

今回も吐血という事で、感染症予防の除菌、血液除去、簡易血液による3点です。血液による汚染は感染症の危険があり、非常に危険です。安全の為にも、徹底して殺菌消毒、消臭を行います。

 

では特殊清掃(吐血清掃)スタートです。

 

まずは血液除去の前に除菌を行います。除菌方法は当社のRB酸水(高い殺菌効果)を散布します。さらに高濃度オゾン発生機【パンサー】を設置して、オゾン除菌のダブル除菌を行い特殊清掃作業に入る前の準備を致します。

 

除菌を終えて本格的な特殊清掃です。吐血量が多く絨毯を通り越し畳まで浸透しておりました。血液は広範囲で拡散しています。

廊下に拡がった血液は床板の継ぎ目に入り込んでしまっていたため、汚染物を念入りに除去、洗浄を行いました。

汚染されている畳は撤去するとの事でしたので、ラッピングをし2次感染を予防致します。

 

最終工程で当社のRB酸水(高い殺菌効果)を散布除菌を行います。自社の消臭剤【ダンボ】【オゾン】で消臭を施工いたしました。血なまぐさい臭いも完全除去できました。お客様の御要望に合わせた特殊清掃完了です。

 

作業内容をご説明して、納品いたしました。

  • 作業: 吐血現場清掃
  • 人数: 2人
  • 日数: 1日
  • 料金: ¥ 113400(税込)
絨毯をあげてみると畳まで汚染されていました。
広範囲に渡り、血液が拡がっております。
居間だけでなく、廊下にまで拡がっております。

床板の継ぎ目に血液が入り込んでいますので、念入りに除去します。
汚染された畳を全てあげました。
汚染された畳はラッピングし、2次感染を防ぎます。


お客様の声

電話から即日での緊急対応ありがとうございました。

特殊清掃未経験者(一般女性)の感想

持病もちの吐血現場・・・感染症が気になります。撤去するのに、畳をラッピングしてふさぎ込んでいる様子からみると、大量の血液が想像できます。何よりも2次感染が気になります。

特殊清掃まんが

リスクベネフィットの仕事を動画で見る!

こちらの動画をご覧いただけますと、短時間で当社の仕事の様子や作業の流れなどがわかります。

ご自身にあった方法でお問い合わせくださいませ。

携帯メール
riskbenefit@docomo.ne.jp
LINEアカウント
rb7867


0120-087-867
メールフォーム


ページの先頭へ